"非常に残念なことなのですが、賃貸物件を取り扱っている不動産屋の中には悪質な業者も存在しているようです。
評判の悪い物件をオススメしてきたり、手数料を上乗せしたりする不動産屋には注意しましょう。どのタイプの方にも共通の注意点があり、それは希望の家賃より高い物件は絶対に見ないという事です。
賃料の高い物件というのは、それだけ設備が充実していたり部屋数も多いことで目移りをしてしまうことに繋がってしまうのです。

 

毎月の支払いに余裕があれば話は別ですが、一度借りた部屋の家賃は下がらないのは当然のこととなります。
収入が減っても、家賃は変わりませんので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。
賃貸物件選びでは設定した家賃を上げるのは最終手段だと考えてください。
不動産屋で「少々賃料が高くなりますがオススメです」と紹介してくれる物件は断固拒否をする姿勢で探していきましょう。"



家賃設定を超える物件は見ないブログ:2020年11月25日

通常28日が理想とされる生理周期の中で、
ダイエットに適した時期があるんですよね。

まず、生理初日を24時間目として
最初の1週間が「生理期」となります。

この時期は、
新陳代謝も衰え血行も悪く、肉体の調子もすぐれず、
むくみが出やすく、体重が増加しやすい時期。

痩せにくい時期でもありますので、
過激なダイエットは禁物。

いくらがんばっても効果を望めないばかりか、
かえってトラブルになる可能性もあります。

なので、肉体を温め、
炭水化物や脂質が不足しないように
注意することが大切です。

次に、生理期が終わると「卵胞期」を迎えます。
生理初日から数えて1週間〜12日前後です。

この時期は、
卵胞ホルモンの分泌が活発になるため、
肉体の調子も安定し、女性にとって一番生き生きと輝く時期です。

痩せやすいので、
ダイエットを始めるのにも最適です。

そして、卵胞期が終わると、今度は「排卵前後期」となります。
生理初日から10〜18日前後で、
この時期も心身ともに安定し、ダイエットに適しています。

効率的に痩せることができますので、
食事内容に気をつけながら、積極的に肉体を動かしましょう。

ただし、排卵日におりものが増えたり、
肉体の調子を崩す人もいますので注意が必要です。

排卵前後期が終わると、
次の生理までの間が「黄体期」と「生理前期」となります。

この時期は、黄体ホルモンの影響で、
肉体の調子も悪く、イライラしがち。
精神的にもかなり不安定でデリケートになります。

痩せにくく食べたものが脂肪になりやすい時期なので、
無理なダイエットはせず、
栄養のバランスを考えた食事をし、
ゆっくりとお風呂に入ったりしてリラックスを心がけましょう。


このページの先頭へ戻る