"人気の賃貸物件はあっという間に不動産屋の空き物件情報から消えてしまうものです。
中には情報に掲載されることなくクチコミだけで契約がされることもあるので、担当者と仲良くなって不動産選びをしましょう。不動産屋に入ると席に案内され、担当の営業の人が来て条件を聞いてきてくれます。
貴方の条件の伝え方によってその後の物件探しに大きな影響を与えることになるのでご注意ください。

 

貴方が自分の希望をそのまま伝えることで、担当の営業の人はなるべくその希望に近いものを探してくれます。
条件を曖昧にして広げすぎてしまうと不動産屋も困惑してしまうわけに、良い物件と出会い辛くなってしまいます。
不動産屋では普通に条件を伝えれば良いと多くの方が思っているかと思います。
確かに条件を全て伝えることは大変重要なことですが、あまりにも無茶な条件では相手にもしてくれませんのでお気をつけ下さい。"



貴方の条件はしっかりと担当者に伝えようブログ:2021年03月02日

わたしは高校を卒業後、美容学校に行くために実家を出ました。
それからは実家に戻っていませんから、
すでに人生の半分以上を新宿で過ごしていることになります。

美容学校時代ゴールデンウィークや夏休みになるたびに、
帰省を楽しみにするクラスメイト達の心情を、
オレは複雑な思いで見ていました。

オレは実家に帰りたくなかったから…です。

しぶしぶ帰っても、故郷は何も変わらずにそこにありました。
ただ、家族が何か違っていました。

駅まで迎えに来てくれたおとうとは、
トンネルに入る前の料金所にいるおじさんに通行券をもらいながら
「どうもありがとう」と言いました。
昔は挨拶すら苦手なシャイなおとうとだったのに、
その言葉がとても自然だったこと。

夕食で焼肉を食べに行ったら、
パパがみんなの分の肉を焼き始めました。
「昔は、こんなことする人じゃなかったのに」と、
オレは眺めているのに、継母やおとうとは
あたり前のように受け入れていること。

パパに対してグチを言わなかった継母が、
「一緒にでかけたりしてくれないから本当につまらないのよね」
とオレに笑いながら言った会話。

かつてなかったことが、あったのです。
ごく普通にあたり前のように…

父母の離婚、その後のパパの再婚が受け入れられずに出た家ですが、
オレが出た後も長い年月を経て、
パパ・継母・おとうとは、
家族というものを形成し直して来たのでしょう。

家族である姿がそこにはありました。

「オレがいると、この家はうまくいかない」
18歳のオレはそう思いましたが、
「家族になること」を嫌い避けてきたのは、オレだったのです。

オレは故郷と共に自分の存在を消してきたのです。


このページの先頭へ戻る